ブログに必要な『伝わる文章の型』を分かりやすく説明します【基礎】

ブログの書き方
  • ブログを書いたことがない
  • 文章を書くのが苦手
  • 間違った書き方をしたくない

このような方は、ブログを書き始めようとすると、『手が止まる』といった経験があるはずです。

なぜ手が止まるかと言うと『書き方がわからない』からです。

そのまま頬って置くと、記事を更新するのも辛くなり、ブログを継続していけません。

なので、いきなりブログを書き始めるのではなく、”伝わる文章の型”をまず学びましょう。

伝わる文章の型を身につければ、以下のようなメリットがあります。

  • 伝わる文章が書ける
  • 書き方に迷わない
  • 質の高い文章が書ける

ブログ初心者は、以下で説明する書き方を取得すれば、間違いなく伸びが早いです。

文章を書くことが苦手な方でも、簡単に文章がかけるようになります。

この記事の内容

  • 伝わる文章は主張・理由・根拠
  • 理由と根拠の違い
  • 根拠となるものとは

この記事を読めば、あなたの伝えたいことを確実に読者に届けることができるようになります。

最後まで読んだら、試しに1記事書いてみてください。

伝わる文章の型は、主張・理由・根拠です

伝わる文章の型は、主張・理由・根拠の3つを文章に含ませて書くことです。

主張 あなたの伝えたいことは?
理由 なぜそう思うのか?
根拠 事実はあるの?

色々な書き方があると思いますが、初心者の場合はこの書き方を抑えておくと後々困らないです。

僕は今でも、この書き方でブログを書いています。

昔から伝わる文章の型は変化していません。

主張・理由・根拠の3つが文章に入っていると、納得感のある文章になります。

この基本を抑えておけば、この先も困ることは無いです。

具体的にどのように文章を作成していくかを以下で説明していきます。

最初は簡単に箇条書きでOK

いきなり文章を書こうとせずに、最初は短文の箇条書きでOKです。

主張:

理由:

根拠:

箇条書きに文章を肉付け

このままだと、寂しい文章になるので、肉付けしていきましょう。

主張:

理由:

根拠:

完成です。

主張・理由・根拠の3つは文章の中に必ず含ませる。

主張・理由・根拠の3つのどれかが抜け落ちてしまうと、読者は以下のような疑問を持ちます。

  • 結局何が言いたいの?
  • なんでそう思うの?
  • 本当にそうなのか?

主張がなければ『結局何が言いたいの?』と突っ込まれます。

理由がなければ『なんでそう思うのか?』と質問をされます。

根拠がなければ『本当にそうなの?』と疑われます。

どれか1つでも抜け落ちてしまうと、読者は納得してくれません。

なので、主張・理由・根拠の3つは必ず文章の中に含めるようにしましょう。

必ず主張が1番最初でなくてもいい。

正直な方は、主張を必ず最初に持ってこようとします。

もちろんそれで書けるのならいいです。

でももし、ブログを書く手が止まってしまうようなら、主張を1番始めに持ってこなくてもいいです。

  1. 根拠
  2. 主張
  3. 理由

なんて順番でもOKです。

型にとらわれすぎて、書けなくなるのは本末転倒です。

僕も型にとらわれて書く手が進まない時期がありました。

今思い返すと、無駄な時間を過ごしたなと後悔しています。

最初から上手く書けることなんてありません。

型にとらわれて手が止まるぐらいなら、型を破ってどんどん書いてください。

主張が最初でなくてもいいです。気楽にいきましょう!

理由と根拠の違い

理由と根拠は同じに感じますが、別物です。

以下のように分けることができます。

  • 理由は、根拠をあなたのとらえ方で伝えたもの
  • 根拠は客観的なデータ

先ほどの例文を見かえしてみます。

主張:

理由:

根拠:

理由には、根拠をもとにして、僕なりにとらえたことを書いています。

根拠となる部分には客観的なデータ、意見が入っています。

理由と根拠の理解を勘違いしていると、『これは理由なのか?根拠なのか?』と書く手が止まってしまう原因になります。

理由と根拠は別物ということを理解しておきましょう。

根拠となるもの

根拠さえあればどんな文章でも書けます。これはマジです。

根拠は文章を書く上で最も大事なところになります。

では、文章を書いていて『根拠がないなー』と悩まないようにどのようなものが根拠なのかを簡単に説明します。

  1. 国の統計
  2. 学会の数値化された論文
  3. 公的な機関の発表データ
  4. 主観が排除された客観的なデータ
  5. 民間が出している統計
  6. 成功者の発言
  7. 権威ある学会の学者の発言
  8. 新聞、学術書
  9. 一般書籍、ビジネス雑誌
  10. ネットアンケート
  11. 会社の上司、社長の発言
  12. 自分の体験
  13. 友人の発言
  14. 身近なエピソード
  15. ネットの噂話、テレビ

1番が最も信用のある根拠で、下に行くほど信用が薄れていく根拠になります。

ここにある根拠の例を参考にして、根拠を集めてください。

あとは、思ったことを言って、その理由を言えば、伝わる文章の完成です。

伝わる文章は根拠を探すことからスタート

『文章が書けない』と手が止まっているのなら、根拠を探すところからスタートしてみてください。

根拠を探さがすのは意外と大変です。下手したら一番時間がかかるところになります。

『根拠さえ見つかれば、文章は簡単なんだけど』とか思っていませんか?

根拠は先程箇条書した中のどれでもいいです。

あなたが体験したことでも構いません。

それが事実なら。

僕はこの文章を書くために、以下のような体験をしました。

あるとき僕は思ったのです。

『根拠があれば、主張と理由を書けばいいだけだから、簡単に文章がかけるんじゃないか』と。

それを確かめるべく、ひたすら根拠をかき集めました。

そして、いざ、パソコンの前に座り、文章を書こうとした瞬間、タイピング、カタカタカタカタターーー

で、文章が書けないどころか、文字数半端なくなってしまいました。

この文章の書き方やべー神ー

、、という体験をしたのです。

なので僕はあなたに伝えたい。

今『文章が書けない』と手が止まっているのなら、根拠を探すことからスタートしてみてください。

とんでもなく文章書くのが簡単になるから!

ちょっとふざけすぎましたごめんなさい。

読者の反論、それに対する再反論で更に伝わる

主張・理由・根拠の3つで説得力のある文章にはなりますが、

それに加え『読者の反論とそれに対する再反論』を付け加えることで、もう一つ説得力が上がる文章になります。

主張・理由・根拠は発信者側の一方通行です。

あなたも体験したことがあるかと思いますが、一方的に『これいいよこれいいよ』と進められても、納得いきませんよね。

絶対に疑問(反論)があるはずです。

対話だとその場で疑問に思ったことを言えます。納得する答えを返してくれれば、あなたの疑問も解決され、相手主張が更に説得力のあるものに変わります。

この流れを文章でやるためには、書き手が読者の”反論”を先回りして文章に含めることです。

それに納得のいく形で再反論できれば、あなたの主張は更に説得力が増します。

反論は1つだけでなく、いくつ用意していても構いません。

文章がくどくなるようなら辞めたほうがいいですが、自然な流れになるのならいいでしょう。

  • 主張
  • 理由
  • 根拠
  • 反論
  • 再反論

この要素が全て含まれていれば、これ以上無い伝わる文章になります。

普段からここまででするのが難しいのであれば『ここでは絶対に納得してもらいたい』ところで使ってみてください。

まとめ

ここに書かれている内容を抑えておけば、伝わる文章が書けるようになっているはずです。

最初から完璧を目指さずに『まずは書くこと』を意識して、どんどん書いていきましょう。

文章のレベルは書いていくうちに上がっていきます。

過去の記事を見返して『下手な文章書いてたなー』と思えれば、成長している証です。

下手な文章でもいいんです。まずは書くことを意識して、成長していきましょう。

コメント