当ブログが実践しているタイトルのつけ方を真似するだけで脱初心者になれます

ブログ タイトル つけ方 ブログの書き方

ブログのタイトルの付け方に自身が無い魅力的な(クリックされやすい)タイトルの付け方を知りたい。といったことを思っていませんか。

タイトルは記事の入り口です。(めっちゃ大切)

自覚がないかもしれませんが、あなたも知らないうちにタイトルをみて、読むか読まないかを決めています。

タイトルを見て選ばれなかった記事は、内容がいくら素晴らしくても読まれません。(頑張ったのに可愛そうです)

あなたが書いた渾身の記事を、なんとかして読者に読み始めてもらうためにも、魅力的なタイトルを付ける必要があります

この記事では、初心者がやりがちなタイトルの付け方を見て反省、と、今すぐにでもチェックできるタイトルの付け方のコツ、このブログで行っているタイトルの付け方を紹介します。

タイトル=第一印象。

第一印象がいいと、何かといいことがありますよね。会社でも第一印象を大切にします。

初心者がやりがちなタイトルのつけ方

ブログ初心者がやりがちなタイトルの付け方を紹介します。

タイトルが小学生の日記みたいになっている

  • 7月23日公園に遊びに行きました。
  • 公園に遊びに言って、楽しいことをしてみた
  • 公園に遊びに行って、学んだこと

自分の日記をつけるだけなら、このようなタイトルで問題ありません。

しかし、あなたのファンでなければ誰もこのようなタイトルの記事をクリックしないでしょう。

個人的な日記のようなタイトルはつけるのはよくないです。

タイトルが狙っているキーワードだけ

  • 公園 夏 テント
  • 公園 水遊び

SEO対策でキーワードを入れるのはいいことです。しかし、対策したいキーワードだけをタイトルに入れても、重要な中身がうまく伝わりません。

読者が検索結果を見たときに、打ち込んだキーワードだけが表示されていても、なんだか怪しくてクリックされません。

狙うキーワードを入れることは正しいですが、それだけではよくないです。

 

初心者がやりがちなタイトルの付け方をしていると、いつまで立ってもクリックされないタイトルの記事を量産することになります。

以下で脱初心者のタイトルの付け方を説明するので参考にしていきましょう。

タイトルのつけ方のつのチェックポイント

以下のチェックをしておけば、脱初心者です。

タイトルと内容をマッチさせる

まずタイトルを付ける前の心構えですが、

タイトルと記事の内容を必ずマッチさせましょう。

タイトルを読んでクリックしたのに、内容がタイトルと全くの別物だったら、ブログの信用が下がります。

2歳の子どもがいる親必見!水遊ができるおすすめの公園を10紹介”と言ったタイトルなのに、おすすめされている公園が7個しかなかったとか、水遊びができる公園って書いてあるのに、水の遊び場がないところを紹介しているとか。

こんなことが続くと読者は、なんだよこのブログ!と少なからず思うわけです。そうなると、ブログの信用が下がります。

悪気はないけど知らず知らずのうちにやってしまう可能性もあるので注意が必要です。

必ずタイトルと記事の内容をマッチさせる、と心に誓いましょう。

SEOキーワードを含める

タイトルに狙っているキーワードを含めることは必ずやってください。

Googleは機械です。記事の内容からピッタリなキーワードで上位表示をしてくれるわけではありません。

記事の内容に含まれているキーワード群やタイトルに含まれるキーワードを読み取ります。

公園 水遊び”でタイトルを考えるなら、

  • 〇〇県で子どもが楽しく水遊びができる公園を10こ紹介します
  • 水遊びが楽しい公園(服のままOK)を紹介、浅くて安心なところです

水遊び 公園 のキーワードを含めてタイトルを書いています。

キーワードは左側に詰めて書いたほうが効果があると言われているので、できれば左詰めしておきましょう。

狙っているキーワードで上位表示したいのであれば、検索結果に表示されるタイトルにキーワードを含めることを忘れないように。

数字を使う

具体的なタイトルのほうがクリックされやす。とよく言われます。

しかし、”具体的”がよくわからないんだよ、と思っている人もいますよね。

で、簡単に具体的なタイトルにする方法が数字を使うことです。

数字を使えば、一気にタイトルが具体的に見えてきます。

  • 〇〇に関する7つのポイント
  • 〇〇を始めるためにはたった3つのことをやるだけです

数字をタイトルに使うことは、昔から使われるテクニックで数字を入れたほうがクリック率が上がるのはある程度有名ですよね。

タイトルに数字を使って具体性を出していきましょう。

文字数は32文字程度にまとめる

タイトルの文字数は32文字程度でまとめるようにしましょう。

Googleの検索結果に表示されるタイトルは32文字程度です。

タイトルが長すぎると、検索結果に表示されないので読者にも読まれません。

ただ、確実に32文字以内にする必要もありません。

[jin-img-waku]

[/jin-img-waku]

このタイトルは32文字以上あって、Googleの検索結果だと途中で切れています。

多分合計で36文字ぐらいあると思います。

そこまで違和感はないですよね。なんとなく記事の内容がわかると思います。

タイトルは32文字程度、それ以下でもそれ以上でもOKということで、意識はしておきましょう。

当サイトのタイトルつけ方を説明

上のポイントを押さえつつ、当サイトでは以下のようにタイトルを作成していきます。

なぜ、何、どのようにをタイトルに含める

数字で証明!5倍以上のクリック率を叩き出した「タイトルのつけ方」を参考にしています。

まず、なぜ読者がこのキーワードを検索したのかを考え、それに対しての最高の結果(WHY)を考えます。

最高の結果は?(WHY)

  • CV40%超え
  • 脱初心者
  • クリックしたくなると言われる
  • タイトルの差別化ができる
  • 魅力的なタイトルが付けれるようになる
  • 上級者

次に、するべきことは何?(What)を考えます。

  • 基礎を取得
  • 当ブログで実践
  • ブログに必要なタイトルの付け方を取得

最後に、どのようにするのか?(HOW)を考えます。

  • ポイントを押さえるだけ
  • 真似するだけ
  • 選ぶだけ

こんな感じで(普段はもっと案を出してるかな?)やって、あとはつなげていくだけです。

必ずしもすべてを使う必要はなく、語呂とかいいなーとか思ったら採用していきます。

以下タイトルの検討

  • ”当ブログが実践しているタイトルの付け方を真似するだけで脱初心者です”
  • ”当ブログが実践しているタイトルの付け方を真似するだけでCV40%超えます”

CV40%の根拠を準備できないので、2つ目はボツにしました。

検索結果で1位をとればCV40%ぐらいはいけるんですけどね。1位はまだないです。

まとめ

タイトルは記事の顔です。

タイトルを見て記事を見ようか(話しかけようか)決めます。

タイトルを適当につけるのは辞めて(ボサボサな髪の毛で外に出るのは辞めて)魅力的なタイトルをつけるようにしてください。(ワックスでまとめてください)

第一印象が良ければ、あとがダメでもなんとか補正してくれます。(記事の内容は補正されません)

ブログのタイトルには誰よりもこだわるようにしましょう。(僕はタイトルつけるのが得意ではありません)

みんさんはタイトルが得意!となるぐらいになってくださいね。

コメント