仕事をサボった次の日にしてはいけない1つのこと。『今日は行くのやめよう』いいけど全ては自己責任だからね。

仕事
仕事内容変えたい?➡サポートの手厚い転職エージェント3選

1位 リクナビ 転職成功実績№1!迷ったらここ

2位 doda   国内最大級の大手!独占求人あり!

3位 マイナビ 20、30代に強い!7割が給料up

今日仕事をサボりました。

仕事行きたくないからズル休みです。

仕事をサボるとなんとも言えない開放感が訪れます。

その後、罪悪感。

仕事はサボってもいいけど、その後に起こることは全て自分の責任です。

この記事では『仕事をサボった次の日にしてはいけない1つのこと』、仕事をサボってよかったこと、悪かったことを書いていきます。

そりゃたまにはサボってもいいですよね。

あなたの価値を確かめる。

仕事をサボった次の日にやってはだめなこと

仕事をサボった次の日に『昨日は体調悪くて大変でした』とかいうのはやめましょう。

大変だったアピールは、サボっている人が言いがちなことです。

それを言ってしまうと『昨日はサボりだったな』と気づかれてしまいます。

『自分はサボってない』と信用してほしいのなら、何事もなかったかのように仕事をしていましょう。

仕事サボるといいことあります

精神的な安らぎ

仕事のプレッシャー、面倒くさい人間関係はありません。

自分の家で好きなように過ごし、気分も落ち着きます。

精神的に回復し、次の仕事に備えることができます。

家の布団で気が済むまで寝れる

みんなが仕事をしている間に、布団の中で気が済むまで眠ることができます。

本来なら営業先に挨拶に行っている時間でも、布団の中で心ゆくまで眠ることができます。

最高の時間です。

仕事の忙しさを忘れて1日ダラダラする

寝るのに飽きたら、スマホをいじったりテレビを見たり1日中ダラダラできます。

仕事中なら携帯をいじることすらできないですが、サボれば好きなだけネットサーフィンし放題です。

ヤル気のある方ならサボりを利用して、資格の勉強をすることもできます。

平日の街をぶらぶら

仕事をサボれば、街をブラブラして気分をリフレッシュ。

平日の街を歩くと、普段気にしていなかった景色が新鮮に見えて新たな発見があります。

休日では人が多かったりするところがスカスカで得した気分にもなれます。

仕事をサボれる今の会社に感謝

僕は簡単にサボれる会社ですが、なかには風邪をひいても、医師の診断書がないと休めないところもあるようです。

仕事をサボれる会社に感謝をしましょう。

頑張りすぎてつらい時に休むことができるのです。

ありがとう今の会社。この職場なら長続きしそうです。

そして、僕がサボってしまったことで、仕事を振られた職場の方に感謝です。

ありがとうございます。

仕事をサボるためにすること

もしこの先も仕事をさぼりたいと思っているのなら、以下のことをしましょう。

  • 同じように仕事をサボった人を心配する
  • サボった人の仕事を積極的に引き受ける

同じように仕事をサボった人を心配する

あなたと同じように仕事をサボった人のことは全力で守りにいきましょう。

仕事をさぼる人はみんな味方です。

『○○さんいつも頑張ってるからな~』とかフォローを入れましょう。

あなたの発言は、まじめにやっている周りの人たちにも『心の大きい人だ』という印象を与えます。

同じように仕事をサボった人を心配し、同時に自分の株も上げ、次に自分が休みやすいような職場の雰囲気を作りましょう。

サボった人の仕事を積極的に引き受ける

サボる人がいれば、その分仕事を誰かがやらなくてはなりません。

そのようなときは、サボった人の仕事を積極的に受けるようにしましょう。

あなたの見方(サボり仲間)の仕事なら喜んで引き受けれますよね。

みんな、人の仕事は引き受けたくないものです。

そこであなたが、サボった人の仕事を積極的に引き受ければ、職場内であなたの評価も上がります。

普段の仕事は、サボった人の仕事を引き受ける”いい人”を演じて、あなたの株を上げておきましょう。

仕事をサボったときの罪悪感は慣れない

仕事をサボった時の罪悪感は慣れませんね。

仕事をサボると開放感があるのですが、その後罪悪感が訪れて『申し訳ない』といった気持ちが沸き起こってきます。

『それならサボるな』と、ごもっともなツッコミが聞こえます。

でも、また仕事をサボりたくなるのです。

仕事をサボるのは癖になる

仕事を1回サボると癖になってしまいます。

これは気を付けないと、仕事を長く続けられなくなる可能性があります。

  • 職場の人達から『サボるやつ』と思われ人間関係が悪化
  • 仕事をサボってそのまま仕事を辞めてしまう

仕事を辞める原因で最も多いのは人間関係です。仕事をサボることで、人間関係の悪化が起こりやすくなります。

また、仕事をサボるのが癖になると『このまま仕事辞めちゃおうかな』と甘い誘惑が訪れます。

そのまま仕事を辞めるのはかなり危険です。

しかし、会社を辞めてもいいように準備ができていればそれほど危険な判断ではありません。

なので、仕事をサボりがちなあなたは会社を辞めてもいいように準備を進める必要があります。

会社以外に頼らない働き方

以下のような不満はありませんか?

  • 頑張っても評価されない制度
  • 上がらない給料
  • きついノルマ

あなたがサボっているのも、このような不満があるからでは?

あなたは仕事ができる人材です。周りがあなたを評価できないだけです。もっと評価されていいはずです。

日本の会社は人を評価するのが下手です。

しかし、そこで働いている以上、受け入れるしかありません。

給料も簡単には上がりません。

あなたの会社で、来年に5万円の昇給なんてありえませんよね。

ただ、今の時代は副業で、頑張ったら頑張った分だけお金がもらえる時代です。

先行きもわからない会社に頼らず、お金を稼ぐことができます。

仕事に情熱が持てずにサボるぐらいなら、

”自分の力でお金を稼ぐ”ことに情熱を注いで、会社の給料より稼げるようになってやりましょう

こまでのやる気が起きないなら、もっと条件のいい職場を探してみましょう。

僕は仕事をサボってブログ書いてます

仕事サボるとき家でだらだらするわけでもなく、ブログを書いてます。

ブログの副業は社会人でも以下のようなメリットがあっておすすめです。

  • 初期投資が少ない
  • 失敗してもリスクが小さい
  • 会社の給料より稼げるポテンシャルを持っている
  • 自分の経験が資産になる

”自分の経験が資産になる”とは、

例えば、僕のように『会社をサボった』という経験があるのなら『仕事をサボることでメリットあるよ~』といった記事を書きます。

そして、あなたのような方がブログに訪れ、記事を読んでくれます。

そのうちの数人でもブログに貼られている広告をクリックすれば、収益が発生が発生します。

ブログ記事は24時間営業をしお金を稼ぎ続けてくれます。

このようにあなたの体験をブログに書き残していけば、自分の経験が資産に変わっていくのです。

しかし、ブログで稼ぐのは簡単ではありません。

仕事をしながら以下のことをしなければならないからです。

  • ブログを始める(開設する)
  • ブログを書く
  • ブログを収益化する

独学でやるとかなり時間を要します。

このブログには上で説明した、ブログを稼ぐために必要なことについて、初心者でもわかりやすくまとめています。

また、僕がブログで稼げるようになるまでにしたことと、現在進行形で行っている施策についても更新しています。

仕事サボる人になったのも原因があります。

  • 頑張っても評価されないシステム
  • 頑張っても給料が上がらないシステム

仕事に情熱が持てないのなら、自分でブログというビジネスを立ち上げ情熱を注ぎましょう。

まとめ

たまには仕事をサボってリフレッシュしましょう。

ただし、仕事をサボるのと会社に居づらくなるリスクがあります。

仕事をサボるのが癖にならないように注意してください。

会社に不満があるのなら、副業を始めて会社に頼らない働き方を目指しましょう。

お金を稼ぐのも、仕事をサボるのも自己責任です。

コメント