サーバー側にドメインを紐付ける方法。SSL化の準備

サーバー側にドメイン情報を紐づける方法 Wordpress

ドメイン側にサーバー情報を紐付けることができたら、次はサーバー側にドメイン情報を紐づけましょう

作業自体は、エックスサーバーにログインして取得したドメインを登録するだけなので難しくありません。

また、サーバー側にドメインの情報を紐づけた後、SSL化の準備をします

作業自体は簡単なので、20分もあれば終わります

この作業が終われば、WordPressをインストールする作業です。

簡単!Wordpressでブログを始める手順書
WordPressでブログを始める5つの手順。画像多めで解説していきます。
WordPressでブログを始めるための具体的な手順を知りたい。欲を言えば、簡単に始められるように工夫された記事を見ながらWordPressを開設したい。ブログ初心者にとってWordpressでブログを始めることは「よくわ...
おすすめのドメイン会社・サーバー会社

サーバー側にドメイン情報を紐付ける手順

サーバー側にドメイン情報を紐づける手順

  1. エックスサーバーのサーバーパネルにログイン
  2. ドメインを紐づけ
  3. SSL化をする

エックスサーバーのサーバーパネルにログイン

エックスサーバー ← ログイン画面

エックスサーバーのログインパスワードは、

”サーバー設定完了メール”に記載があります。

以下の画像ように表示されたら“サーバーパネル”のログインをクリック

ドメイン情報を紐づけ

ドメイン情報を紐づけ
  • 手順1
    ドメイン設定をクリック
  • 手順2
    ドメイン設定の追加を選択

    “ドメイン名”に、取得したドメイン名を入力します。

    入力ができたら、”ドメイン設定の追加(確認)”をクリック。

  • 手順3
    ドメイン設定の追加(確定)をクリック
  • 手順4
    ドメイン情報の紐づけの完了です

    ここで、画像のように“無料独自SSLの設定に失敗しました”と表示された場合は、次のSSL化をするを見てください

SSL化をする

SSL化をなんでやらないといけないのか?

SSL化することで、インターネット上でのデータ通信を暗号化することができ、以下のようなメリットがあります。

  • 読者に安心感を与える
  • Googleも推進している
  • 表示速度が速くなる
SSL化をする
  • ラベル
    SSL設定をクリック
  • ラベル
    独自SSL設定の追加をクリック

    SSL化するドメインを選択

    “独自SSL設定を追加する(確定)”をクリックします。

これで、サーバー側にドメインの紐づけをする作業とSSL化の準備が完了しました。

お疲れ様でした。

WordPressをインストールする

次回は最終章。

WordPressをインストールと、WordPress側でSSL化の最終設定をします。

WordPressのインストールとSSL化の最終設定
サーバーとドメインを紐づけ、SSL化の準備ができたら、WordPressのインストールをしましょう。WordPressのインストールはサーバー側で行います。この記事では、WordPressをインストールしたあとSLL化の最...
WordPressでブログを始める手順

コメント