【SEOに強い】ブログの記事構成、簡単にできる作成手順を説明します。

ブログの書き方
  • どのように書けばSEOに強いブログになるの?
  • SEOに強いブログの書き方を教えて!
  • Googleの検索結果で上位表示を取りたい

といった、SEOに強いブログの書き方の情報をお探しではありませんか?

Googleの検索結果で集客ができなければ、ブログの知名度、売り上げは上がりません。

当然、ブログのPVが増えれば、ブログの知名度、売り上げは上がっていきます。

 

SEOに強い書き方と聞くと、文章の書き方が重要かと思うかもしれませんが、SEOに必要なのは記事構成です。

 

この記事では、当ブログが実践している”記事構成の作成方法”をそのまま紹介します。

この記事の内容

  1. 記事構成をなぜつくるのか?
  2. 記事構成の作り方
  3. 記事構成の手順を振り返る

手順通りにやれば、初心者でもSEOに強いブログの記事を作成でき、PV、収益を激増させることができます。

 

記事構成=見出しを作ることです

ブログで言うと、目次に当たる部分になります。

もっと突っ込んでい言えば”見出し”です。

このブログで言うと以下のところ。

 

記事構成を作ってから記事を書き始めることで以下のようなメリットがあります。

  • SEO対策が身につく
  • 何を書けばいいのか迷わない
  • 記事作成のスピードが上がる

Googleの検索結果で上位表示するためには、読者の知りたい情報を過不足なく記事にする必要があります。

記事構成の作業は、この読者の知りたいことを調べる作業でもあるので、自然とSEO対策が身につくようになります。

記事構成が完成していれば、記事構成のとおりに文章を書くだけなので、何を書けばいいのか?といった迷いがなくなります。

結果、記事作成のスピードが上がります。

以下で、このブログで行っている記事構成の作り方を説明していきます。

記事構成の作り方

狙うキーワードを決める

キーワード選定の方法を詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

【キーワード選定】ブログ初心者が狙うべきキーワードは○○!PV欲しいならライバルを避けろ!
ブログを始めたはいいけど、キーワード選定って?そんなの必要なくね?ガンガン書けばいいんでしょ?とか思っているのならこの記事を必ず読んでください。ブログのPVを増やしたい(お金も稼ぎたい)のであれば、キーワード選定は必須です...

今回のキーワードは「ブログ 記事構成 SEO」で進めていきます。

2語キーワードも3語キーワードに変換して書くと、何を書きたいのかが絞れるのでおすすめです。

サジェストチェック

サジェストは検索したキーワードの関連したキーワードのことです。検索結果の1番下に表示されるやつです。

狙っているキーワードと関連性が高いキーワードなので、H2の見出しに入れることを考えます。

H2に入れるときの基準は2つ。

  1. そのキーワードで2000~3000字書けるほどのボリュームがない場合にH2に入れます。
  2. キーワードの意図が似ている(違うキーワードは入れない)

検索意図がよくわからない方は以下の記事を参考にしてください。

*リンク:検索意図についてを準備中です。

画像のサジェストで検索意図が似ているものを分けてみます。

  • ブログ 記事構成 テンプレート
  • ブログ 構成 テンプレート
  • ブログ 書き方
  • ブログ 記事構成 書き方
  • ブログ 構成要素

「ブログ 記事構成」で記事を作成していくときに、これらのサジェストはH2タグに入れることを考えます。

逆に以下は検索意図が少しずれているものなので、今回の記事の見出しには入れません。

  • ブログ サイト構成
  • アフィリエイト 記事構成
  • manablog ライティング

サジェストは、構成を考えるときに使うので、メモ帳などに貼り付けていつでも見れるようにしておきましょう。

  • 検索意図が似ているものは記事に含める
  • 新たな記事が書けないキーワードは含める

ライバルのコンテンツをチェック

ライバルのコンテンツの中身を実際にチェックし、見出しに必要なキーワードを抽出していきます。

ランキングトップ10の記事をすべて読む必要はありません。

コンテンツを読んでチェックしてほしいことは2つ。

  1. 記事の流れを読む
  2. 共通する見出しキーワードを書き出す。

記事の流れを読んで、『見出しはなんでこの順番なんだろう?』とか『読みやすいな、なんでだろう』とか、ライバルの技術を盗んでください。

成長のスピードが早くなります。

また、『ここはこうしたほうがいいんじゃない?』とか思うようであれば、メモをすぐに取りましょう。そのあなたの考えが独自性になり、検索結果で上位表示を目指すために必要になります。

 

共通する見出しキーワードは必ず見つけてください。

上位表示している記事は、読者の検索意図を満たしている記事になります。共通する見出しは読者が必ず知りたい情報です。

その見出しをいれなければ、あなたの記事が上位表示する可能性は低くなります。

上位にランクインしている記事の絶対条件だと思ってください。

  • 上位表示している記事を見て技術を盗む
  • 『こうしたほうがいい』『この情報足りない』というアイディアが浮かんだらメモをとる(独自性)
  • 共通の見出しは記事に必ず含める

サジェスト、チェックした見出し、独自性をミックス

ここまで、調査してきた内容を合わせて、記事構成は完成します。

  • サジェスト
  • チェックした見出し
  • 独自性のある内容

見出しの並べ方に迷ったら以下の順に並べていきましょう。

  1. Why(なぜ?)
  2. What(何を?)
  3. How(どのように?)
  4. Now(今すぐ)

読者に行動してもらいやすい流れがこの順番です。

この記事でいうと

記事冒頭でWhyに答えています。

1番目の見出しでWhatに答え、手順を説明するところがHowです。

Nowは最後に行動してほしいことをいい、この記事では『この記事を参考に記事構成を作ってみてください』ってところでしょうか。

見出しの使い方はSEOで重要な役割があります。

使い方を間違えると、検索結果に悪影響を与えるので、正しい使い方をしましょうね。

(H1,H2,H3、、、)といった見出しの使い方が上手くわからない方は以下の記事を読んで見出しの使い方を学びましょう。

【ブログ】ダメな見出しの使い方は?正しく使わないとSEO的にも損します
ブログの見出しを正しく使いたい、または、見出をどのように書けばいいのか知りたい、といった情報をお探しでしょうか。 細かいことですが、ブログの見出しは大切です。 見出しが設定されていなければ以下のようなデメリットがあります。 ...

ライバルのタイトルチェック

記事構成が完成したら、次にタイトルを決めましょう。

もちろん、タイトルを決めてから記事構成を作っても問題はありませんよ。

ここからは、タイトルの付け方について説明していきます。

ライバルのタイトルをチェックし、あなたならどのように切り込むかを考えましょう。

以下のことをチェックしてください。

  1. 読者の検索意図を把握(何を知りたいのか?どうなりたいのか?)
  2. 切り込み方を模索(主張のこと)

実際に「ブログ 書き方 SEO」で上位表示されている、タイトルを見ていきましょう。検索意図も同時に考えます。

SEOに強いブログ記事の書き方 11のコツ

SEOに強いブログの書き方!初心者さんの為にまとめました

SEOに強くなる文章の書き方。これだけで1日1000人に読まれる11の法則

SEOで検索上位を獲得する記事の書き方【記事設計からライティング】

【本質】SEOに強い文章の書き方とは【テクニックは解説しません

SEOに強いブログの書き方は?基本ポイントをチェック!

SEOに強くなる”超”カンタンなブログの書き方(実践手順付き) | ブログ集客 …

ブログの書き方|上位表示を狙う内容の選定方法 – SEO対策のSEO Pack

読者の意図は、「SEOに強い(上位表示できる)記事の書き方を知りたい。」

ライバルの切り込み方は、

  • コツ
  • 初心者のために
  • 11の法則
  • 記事設計からライティング
  • 本質
  • 基本ポイント
  • 超簡単な
  • 実践手順

こんなところでしょうか?

ライバルもタイトルにはいろいろな工夫をしてきています。

『このタイトルクリックしたくなる』と感じたやつは、メモを残しておくといいです。

クリックしたくなったということは魅力的なタイトルなので参考にして、タイトルを作れば効果あります。

 

切り込み方は人それぞれですよね。

読者は、『上位表示させたい、その方法を知りたい、もちろん簡単な方法で』といった感じの意図があります。

このような検索意図に対して、”コツ”だったり”簡単”だったり”本質”だったりといった切り口でタイトルが決められています。

  • ライバルのタイトルを分析し、メモ

主張を決める(仮タイトル)独自性を意識する

Googleは同じような検索結果を表示しません。

実際の検索結果もいろいろなコンテンツが表示されていますよね。

タイトル(主張)を決めるとき、ライバルとは違った切り口することを意識してください。

記事構成で『独自性』を見つけた方は、その内容をタイトル(主張)にするといいでしょう。

  • 『この情報が足りてないな』
  • 『もっとこうやって説明したほうがわかりやすいのに』
  • 『私ならこの情報を追加する、こうやって説明する』

他にはない、あなただけの考えをタイトルにすれば、独自性が出ます。

タイトルの付け方に自身がない方は、以下の記事を参考にして、魅力的なタイトルを付けてみましょう。

当ブログが実践しているタイトルのつけ方を真似するだけで脱初心者になれます
ブログのタイトルの付け方に自身が無い、魅力的な(クリックされやすい)タイトルの付け方を知りたい。といったことを思っていませんか。 タイトルは記事の入り口です。(めっちゃ大切) 自覚がないかもしれませんが、あなたも知らないうちにタ...

手順を振り返る

  1. 狙うキーワードを決める
  2. サジェストをチェック
  3. ライバルの見出しをチェック+独自性を考える
  4. サジェスト、ライバルの見出し、独自性をミックス
  5. ライバルのタイトルをチェックし検索意図を把握
  6. ライバルにない切り口のタイトルを決める

作業を効率よく行ってくためには、マインドマップを使うといいです。

無料で優秀なツール『エックスマインド』を僕は使っています。

もちろん、あなたの使いやすいツールでやってもらえればOKです。

独自性を出す簡単な方法

独自性を簡単に出す方法は「おもてなしの心」を意識することです。

おもてなしとは、、

読者の知りたいことを教えてあげるのは当然として、その後『さらに知っておいたほうがいいこと』を教えてあげる

読んだあとに、『こんなところまで教えてくれるのか。』『気が利くコンテンツだな』と思えるような記事は独自性にあふれているはずです。

些細な事で構いません。

もちろん、他の記事に乗っていない情報を追加することも独自性です。

見にくい文章を、図を使って見やすくするのも独自性。

検索結果にあるものをコピーしたところで、いい記事は書けません。上位表示はできません。

あなたの考えを1つプラスして記事を作成することで、独自性が生まれ、検索結果でも上位表示できるようになります。

 

おもてなしの記事をコツコツと書いていくようにしましょう。

構成が完成したら文章を書き始めましょう。

構成が完成したら、見出しの答えを書いていくだけです。

書いていくときのチェックポイントは2つ

  1. 主張、理由、具体例、結論の順番に書く。
  2. キーワードをポツポツと入れる。

このブログで意識しているのはこのあたりです。

詳しくは以下の記事に書いてあるので参考にしてみてください。

ブログに必要な『伝わる文章の型』を分かりやすく説明します【基礎】
ブログを書いたことがない 文章を書くのが苦手 間違った書き方をしたくないこのような方は、ブログを書き始めようとすると、『手が止まる』といった経験があるはずです。なぜ手が止まるかと言うと『書き方がわからない』からです...

まとめ

このサイトで行っている、SEOに強い記事構成の作り方はこれで終了です。

『ライバルのチェックは必要ない』とか言う人もいます。確かにそればっかりに縛れてては、あなたらしい文章も書けないかと思います。

しかし、Googleの検索上位に表示されている記事は、現段階で読者の意図を満たしているものです。なので、このブログで記事を書くときはライバルチェックを必ず行います。

最初はめんどくさいかもしれませんが、慣れればここまでの作業で30分もかからないです。

僕は1時間かかってしまうこともあります。ただ、だらだらとやるのはよくないので、時間を決めて「まずは終わらせる」ことを意識してSEOに強い記事の構成を作っていきましょう。

コメント