【キーワード選定】ブログ初心者が狙うべきキーワードは○○!PV欲しいならライバルを避けろ!

キーワード選定の方法 ブログの書き方

ブログを始めたはいいけど、キーワード選定って?そんなの必要なくね?ガンガン書けばいいんでしょ?

とか思っているのならこの記事を必ず読んでください。

ブログのPVを増やしたい(お金も稼ぎたい)のであれば、キーワード選定は必須です。

キーワード選定で手抜を抜いたら、記事を書いているのにPVが増えない、といった結果になりかねません。

PVがない(誰にも見られない)ブログを運営するのってつらいですよ。僕ならブログ止めます。

そのような人を増やさないためにも、この記事ではキーワード選定の基礎知識を学ぶことと、ブログ初心者でも勝てるキーワード選定ができるようになること、を目指します。

キーワード選定が上手な方は、早い段階でブログのPVを増やす(お金を稼ぐ)ことができます。

キーワード選定ができるようになって、脱ブログ初心者を目指しましょう。

ブログ書き方のまとめ記事、7つの気になるポイントを抑えました【基本に忠実】
『ブログの書き方』について以下のような悩みを持っていませんか? 文章書くの苦手 ブログの記事が書けるか心配 ブログの正しい書き方って? 上位表示させるために何すればいい? 質を落とさずに早く書く方法は無いの? ブ...

キーワード選定は上位表示を目指すために行う

キーワード選定は上位表示を目指してPVを増やす、そのためのキーワード選定です。

PVを増やすことで、ユーザーが広告を見る回数が増えます。当然そうなると収益も増えますよね。

ブログで稼ぐ方程式は『PV×クリック率×』です。

PVを増やすためには上位表示しないといけませんが、勝てないキーワードで戦い続けても意味がありません。負けっぱなしではPVが増えないからです。

ただ、ブログ初心者でも勝てないキーワードを避けて、勝てるキーワードの選定ができれば効率よくPVを増やせます

勝てるキーワードで記事を書く。結果的にPVを積み重ねていき収益を増やす。キーワード選定はそのために行うのです。

上位表示できた場合のクリック率

キーワード選定をうまくやって上位表示できたとしても1位と10位ではクリック率がだいぶ変わってきます。

ブログ初心者はキーワードボリュームが少なくても1位を取れるキーワードを選ぶように心がけてください

検索順位ごとのクリック率のグラフ
検索結果の順位別クリック率
引用元:https://imninjas.com/blog/google/announcing-2017-click-rate-study/
検索順位クリック率
1位21.12%
2位10.65%
3位7.57%
4位4.66%
5位3.42%
6位2.56%
7位2.69%
8位1.74%
9位1.74%
10位1.64%

10位のクリック率は1.64%でほとんどクリックされません。

最低でも3位には食い込めるようなキーワードを選んで記事を書くことが大切です。

勝てないキーワードを選んで記事を書いてもPVを増やせないというのがおわかりいただけたと思います。

狙うは検索結果1位。

そのためのキーワード選定の方法を続きで説明してきます。

キーワード選定の方法(やり方)

キーワード選定の方法は以下の2つがあります。

キーワード選定の方法
  1. ネタを決めてからキーワードを選定する方法
  2. キーワードを選定してから記事を書く方法

ネタがあって書きたいことも決まっているなら、ネタからキーワードを決める方法をおすすめします。

キーワードを予め決めてからのほうが断然書きやすいという方は、キーワードを決めてからネタを集める方法がおすすめです。

ネタからキーワードを決める方法

ネタを決めてからキーワードを選定する方法は、ネタが決まっていることが前提です。

ブログネタの集め方に関しては以下の記事を参考にしてください。

ブログのネタに困らない【思考回路】アイディアを記事に変換する方法
どんな内容を書けばいいのかわからない 自分に特技や趣味なんて無い 記事のネタに困りたくない ブログを始めたはいいけど、『書くことがない』と悩んでしまう経験があるはずです。 書くことがない、何を書けばい...

例えば、子どもをつれて公園に遊びに行ったことを記事にしたいとします。

考えられる記事ネタはいろいろあると思いますが、ザックリ以下のように考えてみました。

  1. どこの公園に行ったのかその感想
  2. 子供連れで公園に行って必要だと感じたもの
  3. いつその公園に行くのがおすすめか
  4. 子ども夏の暑い日の熱中症対策
  5. 移動中の車で子どもが泣いたときの対策方法

こんな感じの記事ネタにしたとして、キーワード選定をするなら、

  1. 〇〇公園 イベント
  2. 子ども 公園 持ち物
  3. 〇〇公園 混雑 時間
  4. 子ども 公園 熱中症対策
  5. 子ども 車 泣き止まない

このような感じでキーワードを選定してみます。

ネタがあってキーワード選定をする場合は”この情報を知りたい人はどんなふうに検索してくるのかな?”と考えてまずは自分で検索してみます。

実際に検索してみて、検索結果に表示されている記事の内容があなたの持っている情報と近い場合そのキーワードを狙いましょう

ライバルの強さについては後ほど説明します。

キーワードを選定してから記事を書く方法

キーワードを選定してから記事を書く方法は『なんとなくこんなこと書きたいなー』と書きたいことが漠然としている人におすすめです。

簡単に説明すると大きめのキーワードを決めてそこからキーワード細かく絞っていく感じです。

今回は例として『楽天カード』で試しにやります。

ぼやっとしてるキーワードをまずは関連キーワード取得ツールに打ち込んでください。

そうすると、”楽天カード”に関連するキーワードが一覧で表示されます。

関連するキーワードが一覧で出てくる

次に、この中から記事が書けそうなキーワードを探します。

今回は”楽天カード 審査”にしてみる。

同じように検索をして、画像の右側『全キーワードリスト』に注目!

”楽天カード 審査 〇〇”といった3語のキーワードが一覧として出てきます。

ブログ初心者の場合、基本的に3語のキーワードを選んで書くと検索1位を取りやすいです。(キーワード難易度については後ほど)

また、キーワードが3語まで絞れてくれば、どのような情報を集めればいいのか明確になるので、記事が書きやすい

記事が書きやすいのもブログ初心者にとっては嬉しいですよね。

あとはこのキーワードに対してネタを集めて記事を書いていくだけです。

キーワードを調べるツール(無料)

キーワードを調べるツールは無料でいくつもあります。

ツールによっては表示されるキーワードが違ってくるので、複数のツールを利用することで、キーワードの漏れが無くなります。

また、検索ボリュームも調べられるツールもあり上位表示したらどの程度のPVを獲得できるかのイメージがしやすくなります。

ここでおすすめするキーワード検索ツールは2つ。

最低限これだけあればやっていけます。

関連キーワード取得ツール

先程使っていたツールで、1つのキーワードを入れるとそれに関連するキーワードを取得してくれます。

ラッコキーワード(旧:関連キーワード取得ツール(仮名・β版))
無料で使えるキーワードリサーチツール。一瞬でキーワードリサーチに必要な情報を収集してくれる、コンテンツ制作者のためのツールです。読者、視聴者が求める情報を把握してより良いコンテンツ作りを目指しましょう!

キーワードプランナー

Googleが提供するサービスで、キーワードの検索ボリュームを調べてくれます。

月にどれくらいのPVが見込めるかの目安が立てられます。

リサーチツールを使って適切なキーワードを選びましょう | Google 広告
キーワード プランナーを使って、Google 広告キャンペーンで使用する適切なキーワードを選びましょう。

キーワードの難易度について

キーワードの難易度について知っておくことで、上位表示が簡単なキーワードを選んで着実にPVを増やしていくことができます。

基本的に1語(例:楽天カード)は難易度が高く、次に2語(例:楽天カード 審査)、3語(例:楽天カード 審査 学生)という順番で難易度が低くなっていく。

難易度は以下のように分けられるよ

また、2語のキーワードでの場合でも1語のキーワード並に難易度が上る可能性はあります。

Googleの検索結果は相対的評価できまるからです。

つまり、レベルの高い記事があればあるほどそのキーワードでの難易度が上がり上位表示するのが難しくなります

これは3語でも同じく

適当に選んだキーワードが難易度高めのキーワードだと上位表示が難しく『PVか増えない』といった結果になりかねません。

なので、キーワード選定をするのと同時にライバルの強さも調べる必要があります

ポイント

ライバルの強さを図るのは記事を見ただけではわからない部分が多いです。(被リンクとかあるので)

実は強いライバルを知るよりも、弱いライバルを知るほうが簡単なので以下ではライバルの弱いキーワードの特徴を書いていきます

ライバルの少ないキーワードを選んで攻略をする

検索結果で上位表示するためには、ライバルの弱いキーワードを選んで攻略するのが鉄板です。

以下の項目に当てはまるようなら一度記事を書いてみるのをおすすめします。

条件に当てはまれば記事を書く
  • 上位表示されている記事タイトルに検索語が入っていない
  • 上位表示されている記事には無い情報を自分は持っている
  • 上位表示されている記事がわかりにくい、自分ならもっとわかりやすく書ける

この中の2つが当てはまるキーワードなら、一度記事を書いてみることをおすすめします。

特に上位表示されている記事を読んで『情報が足りていないな』とか思うようであればどんどん記事を書いてください

あなたのほうが専門性に優れている記事が書けるなら、あなたの記事が上位表示されるべきです。

ただ、完全に避けたほうがいい場合もあります

  • ガチガチのアフィリエイトサイトがズラッと並んでいる
  • 大手会社のサイトが上位を独占している

ガチガチのアフィリエイトサイトがずらりと並んでいる場合は、単純に記事のレベルが高く、個人の単発記事では敵わないです。

大手企業のサイトが上位表示を独占している場合は、信頼された(大手企業)のドメインが優遇されるアルゴリズムになっている可能性があります。

このような場合は、個人が記事を書いても無駄になることがほとんどです。

このような場合は、勝てないキーワードです。完全に避けたほうが無難でしょう。

キーワードをずらすことでライバルが減る可能性も

キーワードを上手にずらすことで、ライバルが減って上位表示が簡単な場所で戦うことができます。

『キーワードをずらす』とは、ライバルの強いキーワードと同じ意味を持つ別の言葉をキーワードと設定することです。

検索してくる読者が解決したい問題位は1つかもしれませんが、表現の仕方は1つではありませんよね

ユーザーによっては似ている言葉を使ってきたりニュアンスを変えて検索してくることもあります

その”ずらされた”キーワードを狙って記事を書くことで、難しいキーワードでもライバルが減り上位表示がしやすくなるのが”ずらし”です。

ただ、ずらしたキーワードはPVが少ない傾向があります。

なので、収益性の高いキーワードの場合(少ないPVでも収益が上がる可能性がある場合)に限り使っていくことをおすすめします。

まずは勝てるところで記事を書く

ブログ初心者は『まず勝てるところで記事を書く』これを鉄則にしてください。

1記事書く時間はどのようなキーワードでもほとんど変わりません。

勝てる場所で戦う方が効率よくPVを早く集められて、自身にもなります。

また、検索数が少ないところで1位を獲得していけばPVが増え、ドメインパワーも強化されます。

ドメインパワーが強化されれば難易度の高いキーワードでも上位表示できる時が来ます。

なので初心者はまず、勝てる土俵、弱いキーワードを狙って上位表示を取って行きましょう。

難しいキーワードで上位表示を目指すために

このサイトで行っていることは以下の通り。

当ブログのやり方

難易度の高いキーワードに関連する弱いキーワードで上位表示を目指し、弱いキーワードで上位表示できたら、難易度の高いキーワードと弱いキーワードで相互リンクをする

具体的な方法は以下の通り。

  • 難易度の高いキーワードの記事(まとめ記事)を作成。H2に難易度の低いキーワードを設定
  • 難易度の低いキーワードを別記事で書く
  • 難易度の低いキーワードの記事が上位表示できたら、そのURLを(まとめ記事)のH2タグの部分に 設置
  • 難易度の低いキーワードの記事の方にも(まとめ記事)のリンクを設置

この方法でずっとやってきているので、正解かどうかはわかりませんが、ある程度難しいキーワードで上位表示ができています。

ポイント

SEOの正解は誰もわからない。自分でテストして、データを集めるしか無い。この方法以外のやり方で上位表示できればそれも正解。上位表示できた記事を分析してSEOの技術を極めてください

まとめ

ブログ初心者にとってキーワード選定は面倒くさい作業です。

しかし、狙うキーワードを決めた時点で、上位表示できない無駄な記事を書くのか決まります。

簡単に上位表示が狙えてPVを稼げるキーワードを選んで記事を書くのが賢いやり方です。

早く結果を出したいのならキーワード選定で手を抜かないようにしましょう。

コメント