ブログにGoogle Search Consoleを設定する方法。1番簡単な設置方法で解説

Google Search Consoleの設置方法 Wordpress

ブログにGoogle Search Consoleを導入することで以下のデータを取得できます。

取得できるデータ
  • 検索結果での表示回数
  • ページのクリック数(クリック率)
  • どのキーワードで訪れたか(検索クエリ)
  • 掲載順位
  • リンク

これらの情報をブログの修正に役立てたり、狙ったキーワードで上位表示できているか確認ができます。(超便利)

集めたデータの分析することで、ブログで稼ぐまでのスピードが早くなります。

ブログをやっている人で導入していない人はおそらくいないでしょう。

なので必ず導入をしてください

お金はかかりません。無料です。

この記事では、Google Search Consoleの設置方法を解説していきます。

焦らず、ゆっくり作業をしていきましょう。

先にGoogleアナリティクスに登録してからGoogle Search Consoleを設置する方法が簡単です。

ブログを書き始める前にやっておきたい
WordPressの初期設定
WordPressの初期設定(最低限)インストール後に必ずやる3つの設定
Wordpressがインストールできたら、そのままの流れで初期設定をしていきましょう。Wordpressの初期設定は、作業効率化やSEO効果のために行います。初期設定で手を抜けば、後々修正作業が発生し、結果的に作業効率が悪...

【おすすめ】事前にGoogleアナリティクスに登録してからGoogle Search Consoleを設置する方法

Google search consoleの設定をしていく前に、まずGoogleアナリティクスに登録してください

Googleアナリティクスの設置はこの記事から!
ブログにGoogle Analytics(アナリティクス)を設置する方法
ブログを運営していく上でサイトのデータを集めることは重要です。データがなければブログの良いところ悪いところの判断がつきません。データがあれば良いところを別の記事にも応用して、悪いところは修正することができます。...

Googleアナリティクスの設置が済んだら以下の作業をしてください。

Google search consoleに登録
  • 手順1
    Google search consoleにログイン
  • 手順2
    プロパティを追加

    URLプレフィックスの欄にブログのURLを入力

  • 手順3
    所有権の確認(自動)

    Googleアナリティクスの設置が正しくされていると、以下のような画面に自動で切り替わります。

    事前にGoogleアナリティクスに登録することで、サイトの所有権を自動で確認してくれます(何もしなくていい簡単)

    完了をクリックして登録完了です。

これでGoogle Search Consoleの設置は完了です。

WordPress側で何かする必要はありません

Googleアナリティクスとの連携がうまくいかない方は以下の方法でGoogle search consoleを設置してください。

Google Search Consoleの設置方法(1から説明)

Google Search Console設置までの全体像は以下の通り。

全体像
  • Googleアカウントの作成
  • Google search consoleに登録

Googleアカウントの作成

すでにGoogleアカウントを持っているのならこの工程は飛ばしてください。

Googleアカウントの作成
  • 手順1
    アカウント作成画面に行く

    → Googleアカウント作成画面

    以下のような画面に切り替わります。

  • 手順2
    内容を入力
    名前あなたの名前
    ユーザー名自由に決める
    パスワード自由に決める

    入力が完了したら次へ

  • 手順3
    再度内容を入力
    電話番号無くてもいい(あれば安全)
    再設定のメールアドレス無くてもいい(あれば安全)
    生年月日あなたの生年月日を入力
    性別あなたの性別を入力

    入力したら次へをクリック

  • 手順4
    プライバシーポリシーと利用規約に同意

    同意をクリック

  • 手順5
    登録完了

    以上でGoogleアカウントの登録完了です。

Google search consoleに登録

Google search consoleに登録
  • 手順1
    Google search consoleにログイン
  • 手順2
    プロパティを追加

    URLプレフィックスの欄にブログのURLを入力

  • 手順3
    所有権の確認
    HTMLタグをコピーしてサイトの<head>セクション内の、最初の<body>セクションの前に貼り付ける(一般的)
    GoogleアナリティクスGoogleアナリティクスを先に登録しておくことで所有権の確認ができる。(簡単)
    GoogleタグマネージャーGoogleタグマネージャーを先に登録し、コンテナスぺニットの設定が必要(難易度高め)
    ドメイン名プロパイだご利用のドメイン名プロパイダにログインしコードを貼り付け(難易度高め)

    以上の方法でサイトの所有権を確認できたら登録完了です。

    使用しているテーマによって所有権の確認が簡単に行えるものもあります。

    Googleで「利用しているテーマとGoogle Search Console設置」と検索してみてください

    利用しているテーマのGoogle Search Console設定方法が出てくるはずです。

    このサイトではcocoonを利用しています。

    以下の記事にcocoonにGoogle search consoleを設置する方法が説明されています。

    Google Search Consoleに登録する方法
    Google Search Console用のサイト認証タグを表示させてサイト登録を行う方法です。

Google search consoleにサイトマップを登録

まとめ

Google Search Consoleはサイトを育てていくために必要です。

SEO対策が正しくできているか確認になります。

検索順位で1位を取れたらうれしいし、自信にもなるはずです。

ライバルの居ない穴場のキーワードを見つけるといった使い方もあります。

ライバルがいないなら上位表示が簡単です。

アクセスを集めたら収益化をしましょう。

これら以外にもGoogle Search Consoleの使い方はあります。

検索順位で上位表示を取りたい、アクセスをたくさん集めたい方は必ずGoogle Search Consoleの設置をしておきましょう。

コメント